軽井沢 鬼押温泉が湧く高原のリゾートホテル




北軽井沢高原、標高1130mの休日

未だ手つかずの自然が残る標高1130mの北軽井沢高原。
深い森に抱かれた「軽井沢倶楽部 ホテル軽井沢1130」は、
上信越高原国立公園に隣接する、自然と共存したリゾートホテルです。
四季折々の美しさと味わい、壮大な自然と別荘のようなくつろぎ感。
心と身体をリフレッシュする「標高1130m(イレブンサーティ)の休日」。
どうぞごゆっくりとお過ごしください。

スイートルーム中心の広い客室

窓の外に広がるのは、美しい四季の高原。
大自然を五感で満喫していただけるように設計されたゲストルームは、
81㎡以上のスイートルームが中心で、ツインルームも56㎡とゆとりの広さ。
別荘のようにくつろいでお過ごしいただけるお部屋をご用意しています。

>>客室のご案内へ

新鮮な高原野菜、地元素材を生かした料理

フレンチをベースにしたオリジナルメニューをご提供する
コンチネンタルレストラン「ラ・ベリエール」、
山川の恵、畑の恵をお愉しみいただける日本料理「やまぼうし」、
食べ放題の気軽なシーズンブッフェ。
新鮮な高原野菜など地元素材を生かし、四季折々の美味しさをお届けします。

>>レストランのご案内へ

天然温泉「鬼押温泉」で心と体をリフレッシュ

館内には、浅間山の麓から湧き出る天然温泉「鬼押温泉」をはじめ
心と体の休日をゆったりとお過ごしいただけるよう、
室内温水プールやaestheticサロンなど、
充実したリラクゼーション施設をご用意しています。

>>温泉・スパ・エステのご案内へ

恵まれた自然環境、四季の楽しみもいろいろ

春から秋は、周辺観光、ゴルフやテニス、お子様に大人気の軽井沢おもちゃ王国へ。雪景色の冬は、ウインタースポーツ。四季それぞれの旅をお楽しみください。
ホテル周辺は、静かな森。のんびりと散策を楽しんだり、予定を立てずに、ホテルで過ごす旅もおすすめです。

>>TOPページへ